このエントリーをはてなブックマークに追加

任意保険とは

自動車を購入する際、自動車保険への加入は義務とされています。
これは自動車賠償責任保険(自賠責保険)への加入となっています。
ですが、自賠責保険だけでは補償は十分と言えません。
不足することが想定される補償を補うために加入するのが「任意保険」です。
任意保険とは、その名の通り任意によって加入する自動車保険となっており、加入の義務化されてはいません。
ですが、自賠責保険では補うことができない補償を、しっかりと補うことができるため、加入は必須と言えます。
任意保険には、対人賠償責任保険、対物賠償責任保険が主契約として存在しています。
対人賠償責任保険とは、自動車による交通事故での被害者を救済するための補償です。
そして対物賠償保険とは、被害にあった財物に対して補償を受けることができるものです。
そして昨今の主契約には、搭乗者傷害保険や、自損事故障害保険などがあります。
搭乗者傷害保険とは、交通事故に遭った自動車に乗っている方の補償を行う保険です。
そして自損事故障害保険とは、単独の事故によって発生した損害を補償する保険となっています。
また、これら以外にも自身の所有する自動車を補償する車両保険や、事故相手が無保険車の場合に補償を受けることのできる無保険車傷害保険などがあります。
それぞれ特徴は異なりますが、特約などを含めると、補償が重複しているものもありますから、契約の際は、補償内容をよく検証してみることが重要です。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.