このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険に加入せずに事故

国内で公道を走行している自動車は、原則として自動車賠償責任保険(自賠責保険)へ加入しています。
これは自動車を購入する際に、強制加入とされているからです。
ですが、自賠責保険へ加入していない自動車も公道を走行しています。
このような自動車は、自賠責保険の保険料を支払っていないためです。
このような無保険車と自動車事故を起こしてしまった場合は、どうなるのでしょうか。
自動車保険では、自身の加入している損害保険会社へ、相手への賠償金を保険金として受け取ることになっています。
そのため、無保険車の場合は、保険金を支払ってくれる損害保険会社が存在していない状態となっています。
こちらが被害者側となった場合、自動車保険へ加入していない加害者は賠償金となる保険金を受け取ることはありません。
そのため、被害者側からの損害賠償請求に対しては、加害者は自己負担によって支払うことになります。
ですが、自動車事故による損害賠償請求額というものは、非常に高額なものです。
例えば1億円という損害賠償請求を起こしたとしても、加害者はその金額を支払うことが可能でしょうか。
大半の方が1億円といったお金を用意することはできないでしょう。
このような場合、実は被害者側が泣き寝入りすることが多くあります。
これは、加害者の支払い能力が考慮されるためです。
損害賠償請求額に見合った支払い能力がない場合は、どうすることもできません。
このようなことを防ぐためには、任意保険の無保険車傷害保険へ加入しておくと良いでしょう。
いずれにしても、どのような自動車が公道を走行しているかは、分かりません。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.