このエントリーをはてなブックマークに追加

自賠責保険の過失割合について

自動車保険の自動車賠償責任保険(自賠責保険)は、公道を走行するための自動車を所有した場合、強制的に加入するようになっています。
この目的は、被害者救済にあります。
自動車による交通事故では、必ず加害者と被害者という立場が発生します。
この被害者を救済するために、その費用の捻出を自賠責保険によって可能にしています。
ですが、この自賠責保険の補償は最低限のものと言えます。
死亡した場合でも3,000万円を上限とした保険金額となっています。
これだけでは被害者を完全に救済することは困難と言えます。
ですが、自動車事故による加害者と被害者は、どちらかが一方的に悪いということはほとんどありません。
後ろから追突した場合は、追突した自動車に過失が100パーセントと認められますが、それ以外の自動車事故では加害者が100パーセント悪いということになりにくいです。
その割合を決定するのが「過失割合」です。
この過失割合は、支払われる保険金額に大きく影響します。
一般的に、自賠責保険では過失割合の影響をほとんど受けませんが、事故によっては過失割合が適用されます。
過失割合が適用されると、加害者が自己負担によってその補償を支払う必要があります。
自賠責保険では、最低限と言える補償しか受けることはできません。
そして任意保険に加入している場合は、まず自賠責保険の補償によって保険金が支払われ、その不足分が任意保険によって支払われる仕組みとなっています。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.