このエントリーをはてなブックマークに追加

自賠責保険の保険金

強制加入となっている自動車賠償責任保険(自賠責保険)の保険金額はどのような設定になっているのでしょうか。
自動車保険において、最も重要なことは保険金額と言えます。
これは事故による被害者を救済するための費用のため、保険金額は充実していることに越したことがないと言えます。
自賠責保険の保険金額は、死亡した場合3,000万円を上限として支払われます。
そしてけがによって後に死亡した場合も、同額の3,000万円となっています。
そして高度後遺障害状態となった場合は、3,000万円が上限となっています。
ただし、常時要介護の状態となった場合は、4,000万円を上限として保険金が支払われます。
そしてけがを負った場合は、120万円が上限となっています。
この保険金は、自動車による交通事故によって負ったけがを治療するための費用です。
治療が必要ない場合は、保険金は支払われません。
けがによる保険金の内訳は、治療費と看護費、入院費、通院費、通院のための交通費、諸雑費となっています。
これらのトータルで120万円が上限の保険金となっています。
このように、自動車保険の自賠責保険では少ないとは言え、保険金額はこのようなものとされています。
強制加入である以上、加入しているのは当たり前ですが、自賠責保険だけでは補償が不足することを予測するのは安易と言えます。
そのため、任意保険への加入は必須と言えます。
また任意保険へ加入することは、ドライバーとしてのマナーと言うことができるのではないでしょうか。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.