このエントリーをはてなブックマークに追加

保険金の請求

自動車による交通事故では、加害者と被害者という存在があります。
これら加害者・被害者の両者から、損害保険会社へ保険金の請求をすることになります。
それぞれ「加害者請求」と「被害者請求」と呼ばれています。
加害者請求では、自動車による交通事故によって加害者となった人物が損害保険会社へ、保険金の請求を行うものです。
そして被害者請求は、被害者が損害保険会社へ請求するものですが、通常はこの被害者請求というものは行われません。
被害者請求が必要なケースとは、加害者による補償が不足している場合です。
自動車保険は損害保険ですから、自身が加入している損害保険会社から補償を受けることになっています。
例えば、損害賠償請求を受けた自動車事故の加害者は、自身の加入している損害保険会社へ、その補償を保険金として受け取ります。
それを、損害賠償請求をしている被害者側へと渡すという仕組みになっています。
ですが損害賠償請求に満たない保険金額の場合は、被害者が直接加害者の加入している損害保険会社へ請求することができます。
これが被害者請求です。
そして、自動車保険の保険金請求には、期限が設けられています。
自賠責保険における加害者請求は、費用を支払った日の翌日から3年以内となっています。
この期間を超えると、保険金を請求する権利が消失します。
被害者請求では、死亡、高度後遺障害状態、けがの状態となってから3年間が請求権利のある期間となっています。
ただし、これは自賠責保険の期間で、任意保険の場合は2年間しか権利がありません。
1年間も違うため、この点は注意しておく必要があるでしょう。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.