このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の加入義務

公道を走行している自動車は、全て自動車保険へ加入しています。
これは、公道を走行する自動車に対して、自動車保険への加入が義務化されているためです。
この強制加入となっている自動車保険のことを自動車賠償責任保険(自賠責保険)と呼びます。
自賠責保険は、自動車事故の発生した際の最低限の補償を受けることができるものとなっています。
自動車事故によって死亡した場合は、3,000万円を上限とする保険金が支払われます。
また高度後遺障害状態となった場合は、3,000万円、さらに要介護となった場合は4,000万円が上限となっています。
けがの場合は120万円が上限の保険金となっています。
ですが、これを見て分かる通り、自賠責保険の補償だけでは、交通事故の際の補償として不足していると言えます。
そのため、任意保険という自動車保険があります。
任意保険は、加入者の任意によって加入を決定する自動車保険で、その補償は自賠責保険よりも遥かに充実したものとなっています。
そのため、自動車を所有している方は、任意保険への加入も必須と言えます。
ですが、現実には任意保険はおろか、自賠責保険へ加入していない自動車が公道を走行しています。
自賠責保険への加入は強制的となっていますが、その補償を受けるためには保険料を支払う必要があります。
保険料を未納にすると、無保険車となります。
このような自動車で交通事故を起こした場合、すべての賠償請求を自己負担によって支払うことになります。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.