このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の保険料の割引制度について

保険料が悩みの種となる自動車保険ですが、保険料に関しては様々な割引制度が採用されています。
この割引制度の仕組みは、自動車保険を適用させるリスクが低い方を対象としているものとなっています。
自動車保険を適用させないことによって、支払われる保険金が発生しませんから、相互扶助の仕組みである自動車保険では、優遇されることになっています。
反対に言えば、自動車保険を適用させるリスクが高い方や車両の場合は、保険料が安くなりません。
自動車保険の保険料に関する割引制度は、等級によってその利率が決定されます。
この等級が高いほど、割引率は高いものとなり、保険料が安くなります。
そしてこの等級という制度以外にも、自動車保険の保険料を安くすることのできる制度があります。
例えばエアバック割引というものがあります。
これは運転席にエアバックを装着していることで、自動車事故によって死亡するリスクが減少するためです。
死亡のリスクが減少するため、高額になる死亡補償を保険会社は支払うリスクが軽減されます。
そのため、割引制度が適用されます。
また、助手席にもエアバックを装着することで、さらに割引が適用されます。
また、アンチロックブレーキシステムであるABSを採用している自動車の場合は、ABS割引が適用されます。
アンチロックブレーキシステムによって、大きな事故を発生させる可能性が軽減されるため、保険料が安くなるという仕組みになっています。
このように、自動車保険では、高額な保険金を損害保険会社が支払うリスクが軽減する装備を装着することで、保険料の割引制度を適用させることが可能です。
自動車を購入する際は、保険料のことも想定しておくと良いでしょう。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.