このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険における等級

自動車に対する保険商品である自動車保険ですが、これは損害保険の1つです。
他の損害保険には住宅火災保険があります。
ですが住宅火災保険にはなく、自動車保険にある特徴があります。
それが「等級」という制度です。
自動車保険における等級とは、保険料の割引率を意味するものです。
等級は、自動車保険へ加入した時点では、6等級となっています。
この6等級の割引率は10パーセントとなっています。
自動車保険へ加入当初は、すでに割引された保険料となっているということです。
そして以降の1年間に自動車保険を適用させなかった場合は、等級が上がります。
翌年度は7等級となり、20パーセントの割引が保険料に採用されます。
そして20等級まであり、60パーセントの割引率を適用させることができます。
非常に大幅な減額が可能と言えます。
ですが、自動車保険を適用させた場合、翌年度は3等級落ちることになります。
すると3等級になり、割引ではなく、30パーセントの割り増し率が採用されます。
また、さらに翌年度も自動車保険を適用させると1等級になり、割り増し率は50パーセントとなります。
このように、自動車保険の等級とは、保険料を安くする要因にもなりますし、反対に高くする原因ともなります。
また、2台目以降は、7等級から始まります。
そして、10台以上の自動車を同じ自動車保険で契約することをフリート等級というものが適用され、等級や割引率の設定が異なるものとなります。
一般の方が加入するものはノンフリート等級という契約で、9台以下の自動車となっています。

自動車保険などを今から調べるならココ

Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.