このエントリーをはてなブックマークに追加

任意保険の詳細

自動車保険には、強制加入の自動車賠償責任保険(自賠責保険)と、任意保険があります。
自賠責保険では補償が不十分であるため、任意保険への加入はドライバーにとってマナーと言えます。
任意保険の主契約となっているものは、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険です。
対人賠償責任保険は、自動車事故を発生させ、その被害者を救済するための保険金が支払われるものとなっています。
対人となっているように、人の受けた損害を補償するものとなっています。
人の受けた損害とは、死亡や高度後遺傷害、けがなどです。
そして対物賠償保険とは、第三者が所有する財物に対して、損害を与えた場合に補償される保険です。
財物とは、住宅や店舗といった建築物から、携帯電話や衣類といったものまで含みます。
これらの受けた損害を補償するための保険です。
そして搭乗者傷害保険というものがあります。
これは、自動車事故の起きた自動車に乗っていた方を対象とした保険です。
この搭乗者傷害保険と似た補償となっているのが、人身障害保険です。
搭乗者傷害保険と人身障害保険の違いは、保険金の支払いに関して、示談の成立は影響しないという点です。
人身障害保険では、示談が成立する前に補償として、保険金が支払われるようになっています。
また、人身障害保険は、交通事故を起こした自動車に搭乗していない場合も、補償の対象となっています。
例えば、歩行中や自転車に搭乗している場合です。
これらの場合でも、自動車事故で損害を受ければ、補償を受けることができます。
Copyright (C)2019知っておくべき!自動車保険の加入義務について.All rights reserved.